×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

キャリア別のWiMAX・WiFiLTEの違い

 

3G回線を利用する携帯各種のWiFiLTEサービスは、一定時間使用すると利用制限がかかったり、通信速度や利用可能な時間帯にも制限がかかることがありますが、これからのモバイル回線のメインになるとも言われています。

 

WiMAXは通信専用の回線を利用するため、利用制限がなく通信速度や時間制限を気にせずにたくさん使えるため、どこでもネットを快適に利用できる環境を整えることができます。

 

WiMAX・WiFiLTEプロバイダの中には手数料・初期費用・ルーター本体価格が全て無料になるプロバイダや、キャンペーンや特典のキャッシュバック額が多いため月額の料金が割高でも総合的に見ると料金が安くなるプロバイダもあります。

 

WiMAX・WiFiLTE利用の料金を計算する上で見落としがちな解約にかかる料金を知っておくことは、もし契約したプロバイダのサービス内容が気に入らなかった時に助かります。

 

何故なら、通信サービスのほとんどの契約形態はが一旦サービスを申し込んでしまうと、一定の期間は利用し続けないといけない仕組みになっているからです。

 

多くがその期間を2年間と設定してあるため、もしプロバイダのサービスに不満があった場合、2年間我慢して利用し続けるか、解約金を支払って違うプロバイダに新規で申し込まなければならない状況になってしまう恐れがあります。

 

WiMAX・WiFiLTEのプロバイダと契約したいとお考えの人は長く安心して利用したいと思っている方がほとんどでしょう。

 

ですので、WiMAX・WiFiLTEを申し込む前に事前にサービス内容と料金プランをよく理解し、申し込みをする際は疑問が極力ないようにすると後々楽です。

 

また、WiMAX・WiFiLTEプロバイダを決めて申し込みを終えたら、しっかりと契約書を読んでおくとプロバイダとの理解の行き違いがないでしょう。